Dawning

2019月7月05日


BOTT(Birth Of The Teenager)を立ち上げたTeito、NYのLQQK STUDIOに所属するToya Horiuchi、NIUKUデザイナーのKadjahdjah、Pressure Parisの編集長Théodoros Gennitsakis。
彼らがグラフィックを提供した“Dawning”とは。

“「Dawning」っていうのが何を意味するのかっていうのはよく聞かれる。ブランド名といえばそれでも良いし、それよりももっと大きなクリエイティビティが集まるコミュニティの事を総評して「Dawning」としたほうが自分的にはしっくりくるかもしれない。”と語るDawningのディレクターCyber Sho。フランス発ファッションブランド“PIGALLE”(デザイナーは2015年ANDAMグランプリ獲得のStephane Ashpool)の日本ブランドマネージャーを務めていた彼は、シーズン毎にパリへ行き、コレクションのサポートとして参加。パリでの経験や、そこで出会った繋がりがDawningの立ち上げを大きく支えてくれているという。

“Pigalle時代に、自分だったらこうしたい。みたいなアイデアがたくさんあった。そのアイデアを実現できるような仲間との出会い、周りの後押しがあって今のDawningが出来た感じかな。Dawningを支えてくれている友達には、パリのクリエイティブ第一線で活躍しているようなやつもいるし、NYに単身で乗り込んだやつとかストリートで好きに描いてるやつもいる。アーティストばかりなわけでもないし、スポーツ選手や音楽家なんかも応援してくれている。自分自身本当に色んな仲間がいることが大切だと思っていて、みんなの事が大切。尊敬と感謝の気持ちを持ってるよ。そうやってみんなとのコミュニティを広げるための手段が Dawningかな”

LOOPY HOTEL後、新たにBOTT(Birth Of The Teenager)を立ち上げたグラフィックデザイナーTEITO NOMIYAMA @teitohasemi

“TEITOがデザインしてくれたこのロゴはDawningの言葉としての意味である「夜明け」を表してる。立ち上げの発表もTEITOのこのロゴがあってこそだったから、自分としてはDawningの“顔”だと思ってる。色んなブランドに声をかけられ始めてるから、このタイミングでDawningのロゴを作成してくれたのは本当にありがたい”

単身で渡米後、NYのクリエイティブを牽引しているLQQK STUDIOに所属し、日本のアートギャラリーCOMMONでの個展を成功させたTOYA HORIUCHI @toya_horiuchi

“ずっと気になっていた存在だった年齢が一つ上のTOYA君。彼の作風でもある、アメリカの企業ものっぽいイメージで、デザインしてもらった。今NYのアーティストはレントの安いベルリンに多く引っ越していたり、そもそもNY自体に住む日本人が10年前に比べて、大幅に減っていたりする。そんな中で、彼はNYでグラフィックアーティストとして、知名度が上がっている。しかも日本人。日本人が世界で戦うことって難しいと思っているから、本当にリスペクトしてる。個人的にはそんな思いもこめて、ロゴ作ってもらってる”

Martin Margielaを輩出したコンテストANDAMのファイナリストでNIUKUデザイナーのKADJAHAJAH @niuku_original

“NIUKUのKADJAHAJAHとはパリで出会った。彼女はフランスのファッションアワードANDAMのファイナリストに選ばれた経験もある新鋭デザイナーで、毎年コレクションも発表している。彼女にとって今年はスペシャルな年で、彼女自身のルーツであるアフリカに拠点を移し再始動することを決めた。そんな特別なタイミングでこのグラフィックを提供してもらった。彼女の母国アフリカではラクダが車に乗せられて移動しているんだけど、車の後頭部の窓からラクダの頭フラフラ揺れて出てる。その光景がなんだかシュールでこのテーマにした。彼女のブランドを象徴するカラーのオレンジも特別だね”

パリで発刊しているカルチャーマガジンPressure Parisの編集長THÉODOROS GENNITSAKIS @pressureparis

“THÉOとは前の会社の時に知り合った。パリの第一線で活躍している Pressure Paris の編集長。父親がギリシャ出身なこともあり、グラフィックには昔の神話やギリシャ語がよく登場するハードなデザインが持ち味。実はこの三つのロゴが連なったデザインには裏話があって、本当は一つの単体としていろんな種類を提案してくれた。THÉOらしいハードさや、着る時の取り入れやすさを考えて話し合った結果、三つのロゴを連ねて、一つのデザインにした。ハードになりすぎてないけど、THÉOらしい部分もあって、気に入ってる。たくさんの人に着て欲しい!”


東京・NY・モーリタニア・パリ、世界中で今最も注目されているアーティストやデザイナーがグラフィックを提供したDawningのPOP UPがNeed Supply Co.東京店・熊本店で同時開催決定。他では手に入れる事ができない「ここだけにしかない」彼らのグラフィックをモチーフにしたアイテムを、是非この機会にご来店し、手に入れてみては。

Dawning POP UP STORE
7月13日(土)〜7月21日(日)
Need Supply Co. 東京店・熊本店 同時開催

Tokyo TEL 03-5738-2136
Kumamoto TEL 096-354-1175