All about Mala Mogan

2019月6月21日


“お兄ちゃんがいたからかもしれないけど、女の子らしく家でお人形遊びをしているっていうよりはワンパクに外で遊び回るのが好きだったみたい。自転車なんかにも裸足で乗ったりしてた。プールも大好きで塩素と日焼けで金髪真っ黒。(笑)”と笑顔で語る。東京のit girlの過去、そして現在熱中している写真について話を伺った。

Shirt:Logo Embroidered Shirt in Black by NEED(MENS)


まず、どんなジャンルでも良いのでMalaさんの「好き」について教えていただけますか?

Mala:食べ物なら昔ながらの純喫茶にあるオムライスやナポリタン。大好物なんです。メイクのこだわりは赤リップとビューラーです。好きな写真家はHugo Scott、芸能人は宮沢りえさん。東京の好きなエリアは三軒茶屋です。ファッションブランドはLemaireがお気に入りです。


子供の頃は活発な少女だったんですね。モデルの仕事をやり始めるようになったきっかけは?

Mala:実は最初からモデルの仕事がしたい! と思っていたわけではないんです。仕事の幅を決めずに、色んな事にチャレンジしたかったので、タレントのお仕事が良いのかな、と思っていました。幅広くお仕事をしていくなかでモデルとして表現する面白さ、何よりも写真に「撮られる」「撮る」という奥深さに気づいてしまい、今はそれに夢中です。

Top:Gabi Shirt by Birgitte Herskind

Sunglasses:Jane Doe Sunglasses by NEED


写真を自分が撮る時、または撮られる時の違いなどはありますか?

Mala:どちらもまだ未熟なので、何が違う!なんていう様な大きなことは言えませんが……撮られる側、撮る側という両方の立場を知っているため、この経験から得たことを活かそうと思っています。それは相手との「呼吸」のようなものを意識するということです。カメラにはセリフもないし、説明書きもない。その一瞬の空気全てが「そこ」に映し出されていると思うので、その時の「呼吸」がどう反応するかで見え方が変わってくる気がしています。

Skirt:Penelope Skirt by Birgitte Herskind , Bag:Beltpack in Black by Building Block

写真を撮るインスピレーションはどこからくるのでしょう?

Mala:初めて見るものや、きれいな場所に行った時はほぼ衝動的に「撮りたい」と感じます。ある種そういった衝動性みたいなものが、瞬間的な切なさが残る写真になっているのかもしれません。
印象に残っている場所はたくさんあるけど、今年の2月に行ったスリランカは特に素晴らしかった。発展した都会的な街も好きですが、未開な部分があったり、自然が眠る場所も魅力的だと感じます。そういった意味でも、これからは行きたい国のひとつはインドです。


Malaさんの目にインドはどう映るのか、楽しみです。撮った写真をインスタグラムで公開していますね。

Mala:気付いたら自分が思っている以上に見てくださる方が多くなっていました。写真をやっている影響も強いのかな、と思います。もちろん、インスタグラムに載せる写真が全てではないので、インスタグラムとは違う形でもっと発信していきたいなとは思っています。

Pants:Twisted Pants in Black by Lemaire , Accessories:Pinky Dip Ring,Versus Cuff by Faris


ちなみに、今は何のカメラを使用しているのでしょう?

canon a-1 と MINOLTA tc-1です。

T-Shirt:Call Mom Tee in Black/white by Collina Strada ※着用のWhiteはSOLDOUT


今後撮りたいもの、やりたいことはありますか?

Mala:写真であれば、最近は特に身近にいてくれる人をもっと撮りたいと思っています。身近な人だからこそ、自分にしか撮れない一瞬がある気がしています。お仕事では、今後は女優として活動の幅を広げてみたいです!もちろん簡単に出来る仕事ではないと思っています。でも、これからも色んな事にチャレンジしてみたいので、厳しい世界ではあると思いますが、その世界にも恐れず、飛び込んでみたいです。

Bag:Beltpack in Clear PVC by Building Block

そう語るMalaさんは力強い、純粋な目をしていた。彼女をとりまく環境は大きく変化しても、彼女の素直で好奇心旺盛な性格は幼少の頃からあまり変わっていないのかもしれない。普段話しているときは笑顔が絶えない彼女だが、カメラを向けられると何を求められているか瞬時に察し、プロのモデルの顔になる。

取材が終了すると最後に店内をひとまわりして、「また来ます」と気持ちよく去っていった。Malaさんの活躍に今後も注目している。


Place @Sans Déconner

Sans Déconner(ソン デコネ)
Need Supply Co.東京店がある通り、Sisterの隣にあるフレンチ・ビストロ。
パリにいるかのような錯覚に陥る、おしゃれな雰囲気と美味しいご飯。Needにお越しの際は是非、立ち寄ってみては。

Photographer 草野雄大@____yudai____

Special Thanks!


着用アイテムは東京・熊本店でのお取り扱いもございますので、是非お越しください。

Tokyo TEL. 03-5738-2136
Kumamoto TEL. 096-354-1175