Vier Antwerp SS18 Collection

2018月3月06日

2017年日本に上陸し、大きな話題になったVier Antwerp。今ではアントワープのストリートカルチャーの発信源と呼べるほど大きく成長している。今季のテーマはタイの国技であるムエタイ。一体全体なぜ“タイ”なのだろう?

ブランドの創立者のひとり、ジャンカルロにその質問を投げてみた。アントワープとムエタイ。まったく共通点が感じられないような組み合わせだが、Vierのふたり組にはちゃんとした理由があった。

アントワープで生まれ育ったジャンカルロとボブには、大勢の友人や知り合いがこの街にいる。特に社交的でリーダー格のジャンカルロはフットボールのチームメイトからファッション関係者、飲食店に至るまでとても顔が広い。

そんなジャンカルロの仲間のひとりが地元アントワープでムエタイジム「8 Limbs Muay Thai Gym Antwerp」を経営している。その彼から‟何か一緒にやらないか?”とアプローチされたことでこのムエタイ(タイ)のアイディアは生まれた。ストリートファッションではタイ、とりわけムエタイといったテーマは目新しいと感じたふたりは、Spring & Summer 2018のコレクションにタイのカルチャーを取り入れた、というわけだ。

それではアントワープから届いたばかりのラインアップをご紹介しよう。

定番のボックスロゴのフーディに今季からジップアップタイプが登場する。赤・青・白のストライプのタイの国旗の上にAntwerpのロゴ。ムエタイファイターたちがプリントされたTシャツには一見タイ語に見える「Antwerp」の文字。そして豪華なトラの刺繍が入ったムエタイパンツやフーディなど、タイらしさとVier Antwerpらしさがほどよくミックスされたコレクションは、彼らの独創性をよく表現している。

前回はUber & Kosher、そして今回は8 Limbs Muay Thai Gym Antwerp。ローカリズムを何よりも大切にするVier Antwerpならではのコレクションとなっている。


Brand New Collection of Vier Antwerp

店頭発売:東京店、熊本店にて3月10日(土)12:00 PM
オンラインストア:3月12日(月)12:00 PM

Available on March 10th, 12:00 PM in Tokyo and Kumamoto Stores
Available Online from March 12, 12:00 PM