新生活、新しい文房具

2017月3月15日

Craft Design Technology 【クラフト・デザイン・テクノロジー】の文房具は実用性と美が融合した、まるで「クラフトアート」。時代や流行をまったく感じさせない、どのようなシチュエーションにも合う優れたデザイン。そして仕事や勉強が楽しくなるほどの使い心地の良さ。

「クラフト(工芸品・手工芸)」、「デザイン」、「テクノロジー(技術)」。クラフト・デザイン・テクノロジー(CDT)というブランド名を聞いてそれがすぐに文房具のブランドだとわかる人はまずいないだろう。2005年に設立されたCDTの製品は、それぞれ日本のトップレベルの文房具メーカーの工場で製造されている。つまり、すべてのアイテムは種類ごとに、その分野を得意とするメーカーとコラボレーションしているというわけだ。たとえば、ホチキスはサンスター文具、プラスティック万年筆やシャープペンシルはぺんてる、スティックのりや付箋紙はヤマト、メモパッドはLIFE、という具合だ。しかも全体を通してCDTというブランドの統一感が感じられるのは、クリエイティブディレクターであるAZZAMI氏によるディレクションがあるからだろう。

コンピュータやスマートフォン中心の生活により、文房具の使用頻度は以前と比べて減っている。そんな現代社会だからこそ、文房具はこだわって選んではどうだろう。

 

Need Supply Co.ではCDTのアイテムを数多く取り扱っている。春のお祝いに最適なギフトセットもあるので、新生活や新年度を迎える大切なひとへ贈るのもおすすめ。デザイン面、機能面で優れている贈り物にきっと大喜びしてくれるだろう。

そしてもちろん、4月からも今までと同じような代り映えのない毎日を過ごす方々も(かく言う私もそのひとり)、新しいノートや消しゴムを使うことでいつもの日常をほんのわずかリフレッシュすることができる。仕事の書類をホチキスで留めるたびに、手帳に予定を書き込むたびに前向きな気持ちになれるような文房具だ。


アメリカのNeed Supply Co.本店でも大人気のCraft Design Technology。ぜひ東京店、熊本店、オンラインショップでお求めください。

Shop Craft Design Technology