ブランド紹介: The Horse

Images: Janneke Storm & Matt Johnson

2016月6月10日

スコットとエイミー夫妻とスタッフにより、シドニーの小さな倉庫で手作りされているThe Horseの革製品や腕時計。Need Supply Co.が特に直目したのは、シンプルで使い勝手の良い腕時計。余分なものをすべて排除した、男女問わず愛されるコレクションを紹介する。

The Horseはデザイナー兼オーナーのスコットとエイミー・ホークス夫妻が2009年に始めたオーストラリア発の腕時計、財布、バッグなどのライフスタイルアイテムを取り扱うブランド。もともと倉庫だったという小さなスタジオで、一点一点愛を込めて制作されている。

現在では財布などの革製品と腕時計のブランドとして確立しているThe Horseだが、2009年当初は革靴のブランドとして発足した。それはあるちょっとしたことがきっかけとなったのだとスコットは話す。「天気の良い日曜日の午後に、僕の行きつけのカフェで友人とコーヒーを飲んでいました。僕たちはふたりとも起業したいという願望があって、その日も夢について熱く語っていました。ちょうどそのとき、とても美しい革靴を素足に履いた男性が店に入ってきたのです。その姿に感銘を受けた僕は、靴のブランドを始めることを決心したのです」。

The Horseというブランド名の由来については、「もともと革靴だけを作るブランドでしたので、馬の蹄鉄師のように、足に合った靴を作りたいという意味を込めたのです」とスコット。

2012年春発表したに腕時計の“The Original”コレクションは、またたく間にThe Horseのもっとも人気のある商品となった。カロリー計算や万歩計機能など搭載されていない、いたって普通のアナログの時計。しかしながら、そのシンプルさとデザインの高さが、多忙な毎日を送る多くの人を魅了した。

ブランドを立ち上げて以来、スコットとエイミーは協力し合いながら、多くの試練と困難を乗り越えてきた。しかし愛妻家のスコットは「プライベートでも仕事でもずっとエイミーと一緒にいられたのが嬉しかった」と当時を振り返る。夫妻の努力が実り、ブランドは急成長を遂げ、今やオーストラリア全域の120店舗を始め、アメリカや日本など世界中でThe Horseの商品が取り扱われている。人気のブランドになった現在でも、The Horseの商品はシドニーの小さな倉庫で、たった7名のスタッフによって丹念に手作りされているのだ。「実際にThe Horseの時計を身につけている人に会うと、感激してしまいます。私たちの商品を購入してくれるお客さまたちがいるという事実は、信じられれないほど嬉しいことです」とスコット。

他の時計ブランドとThe Horseの違いについてエイミーはこう語る。「私たちは、The Horseのお客さまを自分たちの家族の一員のように感じています。そういう気持ちを込めて、商品を発送する際には、エンボス加工したThe Horseオリジナルのカードに手書きのメッセージをかならず同封しているのです。それに、一緒に働いているスタッフとも家族同様に結びつきが強いのですよ。赤ん坊の息子を職場に連れて行くともまったく抵抗がないくらい居心地の良い職場なのです」。

「今後もエイミーと僕自身の世界観をそのままブランドに投影したいと思っています。何をしても、僕たちらしさは守りたいですからね。それに今はスタッフにも大変恵まれています。チームの仲が良いと仕事もうまくいきますし、何よりも楽しいですから、これからもずっと同じメンバーで働いていきたいです」とスコット。

まだ日本では新しいブランドだが、Need Supply Co.の東京店、熊本店の両店舗、そしてオンラインショップでは、「オリジナル」、「クラシック」、「ストーン」の3コレクションを豊富なカラーバリエーションで特別に取り扱いしている。

The Original
もっともシンプルな デザインのシリーズ。ステンレス製、ケースと大きめのフェイス、本革のバンド。

  • Rose Gold/Natural Band

  • Brushed Silver/Navy Band

  • Brushed Gold/Must Band

The Classic
カジュアルにもフォーマルにも使えるタイムレスな細見のシリーズ。スモールセコンドが付いた文字盤、ヌバックの裏地ついたしなやかな革のバンド。

  • Rose & Grey

  • Sea Salt Blue & Tan

  • Silver & Black

The Stone
同じデザインはふたつとない天然石シリーズ。大理石を使用したフェイス、本革のバンド。

    • Black Marble & Black Band

    • White Marble & Black Band

すべてのコレクションをご覧になるにはここから。

Shop The Horse